自分が見てきたものの中で個人的に名作と思ったものを、順不同に、そしてジャンル問わず語っていく自己満足日記です。
未分類 | ゲーム | アニメ | コミック | 俺妹 | ロウきゅーぶ | ソードアート・オンライン | 小説 | 音楽 | 動画 | 
きりりん
まほまほ
もっかん
黒猫
あやせ
ひなた
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
アクセスカウンター
ブロとも申請フォーム
応援中
『With Ribbon(ウィズリボン)』応援中!『With Ribbon(ウィズリボン)』応援中! 『With Ribbon(ウィズリボン)』応援中!『With Ribbon(ウィズリボン)』応援中!
琴線に触れるもの。
≪2017.04  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  2017.06≫
プロフィール

が?でん

Author:が?でん
いらっしゃい、アイの庭

応援中
サガプラネッツ最新作「ナツユメナギサ」 【プリズム◇リコレクション!】情報ページ公開中!【プリズム◇リコレクション!】情報ページ公開中! 【プリズム◇リコレクション!】情報ページ公開中!【プリズム◇リコレクション!】情報ページ公開中! 【カミカゼ☆エクスプローラー!】情報ページ公開中!【カミカゼ☆エクスプローラー!】情報ページ公開中! 【カミカゼ☆エクスプローラー!】情報ページ公開中!【カミカゼ☆エクスプローラー!】情報ページ公開中! 【カミカゼ☆エクスプローラー!】情報ページ公開中!【あまつみそらに!】情報ページ公開中! 【あまつみそらに!】情報ページ公開中!【あまつみそらに!】情報ページ公開中!【あまつみそらに!】情報ページ公開中!【あまつみそらに!】情報ページ公開中! 夏ノ雨夏ノ雨夏ノ雨夏ノ雨 【スズノネセブン! Sweet Lovers' Concerto】情報ページ公開中!【スズノネセブン! Sweet Lovers' Concerto】情報ページ公開中! 【スズノネセブン! Sweet Lovers' Concerto】情報ページ公開中!【スズノネセブン! Sweet Lovers' Concerto】情報ページ公開中! 【スズノネセブン! Sweet Lovers' Concerto】情報ページ公開中!【スズノネセブン! Sweet Lovers' Concerto】情報ページ公開中! 【スズノネセブン! Sweet Lovers' Concerto】情報ページ公開中!【スズノネセブン! Sweet Lovers' Concerto】情報ページ公開中! ティンクル☆くるせいだーすティンクル☆くるせいだーす ティンクル☆くるせいだーすティンクル☆くるせいだーす ティンクル☆くるせいだーすティンクル☆くるせいだーす ティンクル☆くるせいだーすティンクル☆くるせいだーす
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2012.04.11 Wed
俺妹が大好きだぁ!!
ニヤニヤしながら読んでいたら、途中で鼻血が出たのは偶然だと思いたいほんとに。

というわけで俺妹10巻
途轍もなく面白かったわけです。

クライマックス的な8巻、そしてお祭的な9巻を経て、
待望の10巻はその両方を取り込んだ、非常に密度の濃い1冊でした。
伏見さんの文章は本当に読みやすいし、感情移入しやすいし、面白い。
巻を重ねるごとに切れを増してるように感じる。

表紙を見た感じでは、京介と天使(桐乃)の擬似同棲生活っぽい感じになるのかなと期待もしていましたが、
ヒロイン勢ぞろいによる引越し祝いパーティーに始まり、なんと今回のメインはあやせだったことには驚き。
序盤の両親との会話、男共3人の馬鹿騒ぎなども面白かった。
2ヶ月間の1人暮らしを始めた京介のところには次から次へとヒロインたちがやってきて誘惑?をしてゆく。
シリーズ始まって以来待望の、黒猫とあやせの邂逅も期待を裏切らない最高のシチュエーションでした。
黒猫もあやせも可愛すぎた、最終的に百合百合SMプレイにまで発展してるしw

加奈子も結構本気で京介に惚れていて、いよいよ本格的にハーレムの様相を呈してきた感じではあるものの、
ヒロインひとりひとりの魅力が丁寧に描かれており、また主人公にも好かれるだけの格好良さがあるので、
個人的にはもっとやれと言ってやりたい。

まるで『共通ルート』のような賑やかな中盤を経て、
後半はあやせルート。
またもや京介に揺さぶられ、助けられたあやせは、
自分に嘘をついて抑えていた気持ちを開放して、いよいよ京介へ想いを伝える。

あやせの誘い受けのような、今までの京介との関係もとてもニヤニヤできるものでしたが、(9巻のあやせは最高だった)
ここに来てまさかの正当ヒロイン候補への昇格は驚きであり、嬉しい。
以前に麻奈実が、京介の彼女になるにはあやせくらいの勢いが必要と発言したことがあったが、
今回まさにその舞台に上がったことになります。

黒猫自身も作中であやせをライバルと認めた感もあり、今後ヒロイン枠争奪戦はますます目が離せない展開に。
京介と黒猫の会話で、『桐乃との事が決着つくまで、誰とも付き合わない』という発言もあったので、
あらゆる意味で次巻が待ち遠しいです。

8巻のクライマックス感、そして桐乃との関係が確かに変わった9巻と読んできて、
この物語も終わりが近づいてきたのかなと、なんとなく思っていたところで今回の10巻。
まだこのお話はもう少し続くのだと、この世界観が大好きな自分にとっては大満足の1冊となりました。
読後感はんぱねぇぇぇ!!もう俺妹は最高過ぎるんじゃ!!

この巻もアニメ化してくれるのかなぁ。
とりあえずきりりんの新髪型はやく見たい。

俺の妹がこんなに可愛いわけがない 10 (電撃文庫 ふ 8-15)俺の妹がこんなに可愛いわけがない 10 (電撃文庫 ふ 8-15)
(2012/04/10)
伏見 つかさ

商品詳細を見る

テーマ:日記 - ジャンル:日記
俺妹    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

Comment

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://yukisann.blog120.fc2.com/tb.php/1386-0fc800e8

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。