FC2ブログ
自分が見てきたものの中で個人的に名作と思ったものを、順不同に、そしてジャンル問わず語っていく自己満足日記です。
未分類 | ゲーム | アニメ | コミック | 俺妹 | ロウきゅーぶ | ソードアート・オンライン | 小説 | 音楽 | 動画 | 
きりりん
まほまほ
もっかん
黒猫
あやせ
ひなた
カテゴリー
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
アクセスカウンター
ブロとも申請フォーム
応援中
『With Ribbon(ウィズリボン)』応援中!『With Ribbon(ウィズリボン)』応援中! 『With Ribbon(ウィズリボン)』応援中!『With Ribbon(ウィズリボン)』応援中!
琴線に触れるもの。
≪2019.03  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2019.05≫
プロフィール

が?でん

Author:が?でん
いらっしゃい、アイの庭

応援中
サガプラネッツ最新作「ナツユメナギサ」 【プリズム◇リコレクション!】情報ページ公開中!【プリズム◇リコレクション!】情報ページ公開中! 【プリズム◇リコレクション!】情報ページ公開中!【プリズム◇リコレクション!】情報ページ公開中! 【カミカゼ☆エクスプローラー!】情報ページ公開中!【カミカゼ☆エクスプローラー!】情報ページ公開中! 【カミカゼ☆エクスプローラー!】情報ページ公開中!【カミカゼ☆エクスプローラー!】情報ページ公開中! 【カミカゼ☆エクスプローラー!】情報ページ公開中!【あまつみそらに!】情報ページ公開中! 【あまつみそらに!】情報ページ公開中!【あまつみそらに!】情報ページ公開中!【あまつみそらに!】情報ページ公開中!【あまつみそらに!】情報ページ公開中! 夏ノ雨夏ノ雨夏ノ雨夏ノ雨 【スズノネセブン! Sweet Lovers' Concerto】情報ページ公開中!【スズノネセブン! Sweet Lovers' Concerto】情報ページ公開中! 【スズノネセブン! Sweet Lovers' Concerto】情報ページ公開中!【スズノネセブン! Sweet Lovers' Concerto】情報ページ公開中! 【スズノネセブン! Sweet Lovers' Concerto】情報ページ公開中!【スズノネセブン! Sweet Lovers' Concerto】情報ページ公開中! 【スズノネセブン! Sweet Lovers' Concerto】情報ページ公開中!【スズノネセブン! Sweet Lovers' Concerto】情報ページ公開中! ティンクル☆くるせいだーすティンクル☆くるせいだーす ティンクル☆くるせいだーすティンクル☆くるせいだーす ティンクル☆くるせいだーすティンクル☆くるせいだーす ティンクル☆くるせいだーすティンクル☆くるせいだーす
--.--.-- --
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告    Top↑

2008.10.19 Sun
ティンクル☆くるせいだーす 感想
キラキラの学園生活を目指して

すべてのルートを終了。
大作の名に恥じぬ名作であったと思います。
ユーザーを楽しませるというコンセプトがひしひしと伝わり、
製作者側のこだわりなどにとても好感の持てる作品でした。

以下、総評をば。
■貫禄のアゼルルート
なるほど、これがメインシナリオですね。
最も出来の良いシナリオだと感じました。
最初アゼルにはそれほど惹かれてなかったのですが、
所謂クーデレというやつでしょうか、完全にデレる前のデレ始めてからが本番みたいな、
表情の乏しいアゼルが時折見せる笑顔にやられてしまいました。

■魅力的すぎるキャラクター
本当にどのキャラも可愛くて大好きです。
生徒会4人娘もさることながら、各ヒロインの絡むサブキャラ、ひいては7大魔将と
みんなみんな良いキャラばっかりです。もちろんシンとパッキーもね。
個人的にはリースリングさん、メリロットさん、パッキーあたりが大好きです。

途中までメインヒロインが誰なのかが良く分からなかった今作品。
発売前の情報等から漠然とリアと聖沙がメインヒロイン(プリっちで言うところのクルルと委員長)なのかと思っていましたが、4人娘の中のメインはナナカ、さらにその上にアゼルなのかなという印象を受けました。またアゼルルートはメリロットのお話でもあるなと思いながらプレイしていました。

■最高の演出面&燃えるBGM
言うまでもなく演出面が売りの今作品。
体験版の時点でも分かっていたことですがクル☆くるの演出は、昨今の他作品からも頭ひとつ抜けているでしょう。とにかくすごい、低スペックだと遊べないくらいすごい。
日常パートでは良く動くし表情もコロコロ変わる。
戦闘パートでは疾走感あふれるBGMと格好いいカットインが存分に戦闘を盛り上げてくれます。
演出面は満点と言わざるを得ないでしょう。(というかこれ以上凝るとユーザーがついてこれないかも、スペック的に)

戦闘パートにおいての不満。
前述したように戦闘シーンが面白格好いいので僕は大好きなんです。
それ故に残念だったのが難易度の格差、EasyとNormalの差が激しすぎます。
物語序盤はまだ何とでもなるのですが、お話が盛り上がってくる終盤にボルテージ最高潮で突入する戦闘とか、ノーマルだとかなり勝てませんorz
何度も理不尽に敗れリトライさせられると、せっかく本編で盛り上がっていた気分も醒めてしまいます。
じゃあEasyでやれよと思われるかも知れませんがEasyだとあまりにも簡単すぎる。
盛り上がり最高の状態で強敵と戦っても2、3回攻撃すると勝ってしまうという…
よそ見しながらでも勝てるEasy、逆立ちしても勝てないNormal、もうちょっとどうにかならなかったでしょうか?

■期待し過ぎたシナリオ
先日から危惧していた問題、やはり心配していたとおりになってしまいました。
攻略順はお気に入りのナナカを最初にプレイ、以降は2部OPを参考にロロット、聖沙、リア、アゼルの順にしました。
2週目からでないと攻略できないアゼルルートが特別であることは分かっていたので最後に回し、先に書いたようにメインと思っていた聖沙とリアを後に回すことで楽しみを先延ばしするような意図がありました。
最初に攻略したナナカルートが例のナナカ覚醒もあって一番お話にのめり込むことが出来、
ナナカルートだけでは満足しきれなかったものの、この調子で他の3人もちょっとしたサプライズがあるといいなと思いながらゲームを進めていったのですが、正直ロロット、聖沙、リアルートのシナリオ自体にはそれほど深くハマることができませんでした(キャラ萌はあったんですよ、そりゃあもうかなり)
ですのでアゼルルートにはかなり期待をしていたのと同時に一抹の不安がありました。
アゼルルート単品で見ればフィナーレに相応しい出来に満足できたものの、ボリュームやサプライズ的にも他4人のシナリオと遜色なく、Trueシナリオという特別的な位置づけでもないようでした。
キャラの魅力、演出、舞台設定などが高水準なのに対し、肝心のシナリオがいろいろと不足してしまっていたのは残念でなりません。

総評。
間違いなく名作だと思います。楽しんでプレイすることが出来たのですから。
高レベルな演出のおかげでただの日常会話さえも楽しく可愛く思えました、ヒロイン全員好きになったゲームです。
ただ自分の場合このゲームは、ひょんなことから体験版でその存在を初めて知り期待が一気に高まり、すぐさま購入したプリっちの出来が予想をはるかに上回り大満足したことから、もう期待値が最高潮まで高まり、後1ヵ月で発売というところで2ヵ月もお預けをくらったことから、期待値が臨界点を突破した状態でプレイしたため、満足度のハードルが非常に高く設定されてしまいました。
それ故に求めていたものまでには達しなかった、残念。
でも本当に面白くって大好きな作品になりましたよ、それだけは間違いないです。
リリアンのみなさま、ありがとうございました。

ティンクル☆くるせいだーす 初回限定版ティンクル☆くるせいだーす 初回限定版
(2008/09/26)
Windows

商品詳細を見る

テーマ:PCゲー - ジャンル:ゲーム
ゲーム    Comment(0)   TrackBack(0)   Top↑

Comment

管理者にだけ表示を許可する

Top↑

TrackBack
TrackBackURL
http://yukisann.blog120.fc2.com/tb.php/254-240713a6

Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。